永瀬廉

永瀬廉さん、5歳の女の子伊藤健太郎さんのイケメン回答「それ以上の答えはない!」

投稿日:

人気グループ「King & Prince」の永瀬廉が、6日、伊藤健太郎と坂東龍汰と一緒にリモート表彰台を獲得した。映画「弱虫ペダル」(14日公開)の最速プレビューで、千葉県で行われた。今回は、原作の聖地である千葉県と本作のロケ地でもあり、千葉県在住の方を対象とした唯一のプレリリース試写会を開催しました。その後、会場にサプライズで画面に登場した3人も会場から直接質問に答えました。ナガセは5歳の女の子からの質問に対する「見栄えの良い答え」で現場を揺さぶった。

上映後、劇場で「キャストから特別コメントをします」とアナウンスされ、登場した3人はまるでコメントのように話していましたが、永瀬さんは「実はこれは遠隔でつながっています。わかりました!」キャストと劇場がリモートで接続されていることを発表しました。観客席に座った伊藤さんがびっくりしたモニターを披露したときは、すごく興奮しました。

現在、映画の公開を拒否しているという感想について、「スタッフ全員が揃ってしまうのではないかと心配していましたが、このように配信できてとても嬉しいです」と語った。伊藤さんは「昨日完成した映画を見て感激しました。本当にどんな映画なのかと思っていましたが、最高の映画だと思います。」彼は応答を言った。

ここで、MCは、原作者の渡辺航が観客の中で映画を見ているという別の驚きを発表しました。初めて映画を見た渡辺さんは、「全盛期に自転車に乗ったり、話したりしているところに感動しました」と語った。ナガセはこれを聞いて、肩が一気に力を失ったので安心した。「弱虫ペダル」を作った先生の言葉に自信が持てました。そうなのかと思っていたのですが、先生から聞いてとてもうれしいです。」

質問コーナーでは、5歳の女の子が手を挙げたときに、3人全員が何も考えずに笑っています。「自転車にもっと乗れるようにするにはどうしたらいいですか?」永瀬は「一緒に乗ろう!」と答えた。伊藤と坂東は「それ以上の答えはない!」と苦笑いしながら、「やけどしても諦めないこと、乗り続けることが大切」と語った。長野も「自転車の仲間を作って友達と楽しんだり、お互いに刺激を与えながら自転車に乗ったりすることが大事だと思う」と強調した。友達と一緒に自転車に乗る楽しさを味わった」と語った。

次に、制服の競輪部の男子高校生が「初めてロードレーサーに乗ったのではないですか?」と尋ねました。ナガセは「こけし!足をペダルに固定したまま降りようとしていた…」と伊藤は「練習中に川岸で滑って冗談を言いそうだった」と語った。難しいようです。坂東は「初日に練習するとすぐに出会って転んだ。どうやって自転車に乗ったのか、とてもカッコよかったよ」と質問者からの評判を得、 3人だった笑顔を見せた。

観客から手が上がったので締めくくる時がきた。最後に、永瀬さんに代わって「この映画は本当に多くの人に支えられており、無事に公開できるようです。多くの人が体験している若者、ロードレース選手の熱気、走る感覚。いろんな壁にぶつかる人の背中を押さえる映画だと思いますので、多くの方にご協力いただき、お届けできるように頑張りたいと思います!」見どころを語ってイベントを終了しました。

公演後の最初の遠方挨拶で、永瀬さんは「老若男女が見れて良かった。劇場が見えなかったのが残念でしたが、コミュニケーションが取れてよかったです。また、渡辺先生も来てくれて嬉しかったです。」坂東さんは「こんな状況での反応や感想を聞いてとてもうれしい。またやりたい」と語り、「みなさんに見て頂ける日をお詫びします。本当に嬉しかったです」その声を聞いてください」と彼は直接聴衆につながれたことの喜びについてリモートから言った。

-永瀬廉

Copyright© 毎日の日記 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.